コラム

腹圧性尿失禁からの開放

Aさんは、55歳。2人の子どもの出産歴があります。
30歳の時に、1人目の子供の出産。この時は、なんのトラブルもなく、初産には珍しい分娩所要時間約 6時間の安産でした。その7年後、37歳の時に、第2子を出産しました。この時は、妊娠7ヶ月ごろから尿失禁が出現し、臨月になると尿失禁の量と頻度は悪化していきました。
しかし妊娠中の尿失禁は、ごく普通のことと思い、特に気にしませんでした。そして第2子を出産、この時も、アッという間の安産でした。分娩後数日は、ほとんど全失禁状態でした。前回と明らかに違う失禁の状態に少しAさんはとまどいましたが、退院し育児が忙しくなり、気にするひまがなくなってしまいました。
1ヶ月ほどで、パットがなくても困らないくらいまで、症状は改善しました。その後は、年に3~4回くらいは、くしゃみやせきで尿がもれることはありましたが、別に病気と思わず過ごしていました。
image 外陰部の診察の結果は、膣口より膀胱と子宮が出たり引っ込んだりする性器脱のステージ3という状態でした。
主治医からは、まずペッサリーリングという丸い器具を膣から入れて、子宮を持ち上げてみましょうと説明されました。入れる時はすこし違和感がありましたが、膣のなかに入れてしまうと、まったく違和感を感じません。
しかし膀胱や子宮の下垂感は、100%取れたというわけではなく、60%くらいの改善率でした。
image 主治医は、さらに次のように説明をしてくれました。

"アメリカとかヨーロッパでは、自分でこのリングを出し入れしている人も多いですよ。もし自分で、朝入れて、夕方出して、洗って乾かしておくようにできるようになれば、病院に通うのは半年に1回くらいで充分になりますよ。"

もともとあまりクヨクヨしない性格だったので、そんなもんかと思い病院を後にしました。翌日自分でリングを出し入れしてみました。意外と簡単でひと安心。これで十分と思い、6ヶ月に1回の通院が2年ほど続きました。
2年たったある日、病院に行くと、主治医が
「Cさん、ペッサリー治療が、もう2年を超えたけど、手術のご希望はありませんか?」と質問されました。
手術の話を、主治医がするのは今回が初めてです。今のところ生活には困っていませんでしたが、相変わらずの頻尿と、子宮下垂感はあります。特に夕方になると症状はいちじるしく、夕食の支度に差しさわることもありました。
主治医は「絶対治るという保障はできないけれど、かなりの確率で、頻尿や、子宮下垂感は改善しますよ。」と説明してくれました。
さらに私のしている手術は子宮をとらないから、手術時間も短いし、入院期間も短いので高齢者向きなんですよ。」という医師の説明も気に入りました。

Cさんは、ペッサリーリングの治療を開始してから3年目に、後方IVSという手術を受けました。
手術翌日に退院となりました。術後すぐから頻尿はよくなりました。なんだこんなに簡単ならば、はやく手術を受ければよかったと思う今日この頃です。