自由診療

鍼灸治療

image

近年では研究が進み、西洋医学の外側をサポートする「代替医療・補完医療」として世界中でその効果が報告されました。現在、WHO(世界保健機関)で、鍼治療は多くの疾患に適用できることが認められています。またADL(日常生活動作)QOL(生活の質)の改善、仕事や家庭環境により生じるストレスや疲労の回復・向上に東洋医学が注目されています。

 

良く鍼灸治療は痛そうで怖いとか、1回してみたら、返って調子を崩し、具合が悪くなったなどといわれているのを、耳にします。実は、これ、大きな誤解があり、なかなか噂は改善されません。


本当のところは、こうです。鍼灸治療に使われる鍼は、実に細くほとんど痛みを感じることはありません。どのくらい細いかというと、一般的に使われる鍼の太さは、0.14 mm程度。これは、いわゆる注射針の針穴の中に約5 0本ほども入れられる細さなのです。一般的な注射に利用する針は、その針体の中心部は、血液などの液体を通すために空洞になっているので、そのせいで痛く感じやすいのです。反対に、鍼灸治療で使われる針は、トントンと皮膚に当たっている事を感じたり、刺入されている事は感じられても、痛いという感情が表れることはほとんどありません。(中国式などの鍼灸治療では、わざと痛みを感じさせる治療法もあります。)一般に、心理的に拒絶感の強い人ほど、痛さを感じやすいといわれています。


また、返って具合が悪くなったと感じる場合の多くは、過剰反応によるものと考えられます。つまり、緊張などにより、身体のいろんな部分が凝り固まった状態が、治療によりリラックスできると循環が良くなります。その変化が大きすぎると、普段の身体の状態とは大きく違うので、身体がびっくりしてしまっているのです。俗に言われる”揉み返し”と一緒です。これは、現在の身体がどのような状態にあるかをきちんと見定め、鍼の太さや本数、置鍼の時間などを加減することで、本来は回避できます。

 

鍼灸の対象疾患は、多岐に広がっています。過活動膀胱(頻尿)や間質性膀胱炎などの泌尿器科領域の症状、冷えやむくみ・ほてりなど自律神経の乱れにより発生する諸症状、肩こり・腰痛・膝痛などの筋骨格系の痛み全般、生理痛・頭痛などの機能性の痛み全般、不妊症や術後の体力増強目的などWHOに規定されているものも多数あります。

 

60分 : 基本治療 、肩こり・腰痛・膝の痛み・冷え性・むくみ・肌荒れ・下痢・便秘・生理不順・更年期障害・不眠といった特定の症状の改善や、原因が分からないけど疲れやすい・カラダがだるい・何か調子が悪いなどの不定愁訴に対して鍼と灸を使って治療をしていきます。

 

80分 : 60分の基本治療に加えて徒手療法(あん摩マッサージ指圧)、吸い玉(ガラスの玉を陰圧にして肌につけて吸引する)、パルス治療(刺入した鍼に微弱な低周波パルス通電を流す)をお体の状態によりおこなっていきます。


美容鍼灸 : お顔やお身体に鍼やお灸を使って、加齢や悪い生活習慣などで出てきたシワやたるみに対して、若々しいハリやツヤを取り戻していく美容法です。エステのように皮膚表面にアプローチするのではなく五臓六腑や細胞に働きかけてカラダのバランスを調整し、本来の美しさを中から(インナービューティー)取り戻していきます。