コラム

子宮頚癌予防ワクチン

image 子宮頚癌の原因は、ヒト乳頭腫ウィルスの子宮頚部への持続感染である。このヒト乳頭腫ウィルスは、結構ありふれたウィルスで、普通のヒトが、普通に恋愛して、普通にセックスしているだけなのにもかかわらず、かなりの確率で感染する。また感染しても自然に治ってしまうことも多い。

しかし時々まれに直らず持続感染の状態になってしまうことがある。このうちさらにまれにその持続感染の部分が癌化するのだ。よってヒト乳頭腫ウィルスの感染から子宮頚癌の発症までには長い道のりがあるわけだが、重要なのは、子宮頚癌が、比較的若い女性に発症し、さらに比較的早く進行するために、若死を招く危険があるということである。そしてもうひとつ重要なのは、人類史上はじめて登場した癌の予防注射が、この子宮頚癌予防ワクチンだということである。
まとめるが、普通の女性が普通に恋愛して、普通にセックスすれば、だれでも子宮頚癌になる可能性があり、子宮頚癌の発症は、予防ワクチンの投与を受けることである程度抑えることができる
この子宮頚癌ワクチンであるが、投与開始年齢は決まっているが、投与すべき年齢の上限は、はっきりと決まっていない。

一般的には45歳とされているが、これにはあまり根拠がない。確かに40歳以上の女性は、40歳未満の女性に比べて統計的にセックスパートナーの数とセックス頻度は、少なくなる。
また仮にヒト乳頭腫ウィルスに感染してない女性が、ヒト乳頭腫ウィルスに感染してない男性と結婚し、その後の人生で、死ぬまで、女性も男性も他の異性とセックスをしなければ、その女性は子宮頚癌にならない。
さらにある人がセックスで、ヒト乳頭腫ウィルスに感染しても、その感染が原因で子宮頚癌が発生するのには、数年から数十年を要する。この主に3つの事実から、子宮頚癌予防ワクチン投与の一般的な上限45歳が決まっている。

しかしセックスパートナーの数とセックス頻度は、年齢よりも固体差のほうが大きいのである。
恋愛したら普通はセックスがついてくる。いやセックスしたいから恋愛があるのである。
そしてセックスすれば、子宮頚癌になる可能性はある。つまり素敵な恋愛をしたい女性は、子宮頚癌ワクチン投与を受けたぼうが無難なのである。


横浜元町女性医療クリニックLUNA 槍澤ゆかり院長