自由診療

IN-SHAPE 膣萎縮症など、これからの治療に期待です!

image 「IN-SHAPE」は炭酸ガスレーザーEdge ONE(エッジワン)を使用します。

GSM(閉経関連外陰尿路症候群)とは、閉経後の女性の50%にみられる問題で、通常閉経後 4~5年してから、かゆみ・膣の潤滑低下・性交疼痛・性交時の膣出血・多尿・白帯下(おりもの)など、さまざまな症状を生じます。(注1)
これは、閉経後に卵巣のエストロゲン産生が低下し、皮膚や粘膜は脆弱化するからです。
ホットフラッシュや、抑うつ、不眠などの更年期障害の症状は通常一時的ですが、これに対して膣萎縮は長年にわたり悪化し、性的能力や生活の質に悪影響を与えます。

しかし実際に、治療を求めて受診される方はわずか25%といわれています。
まだまだ治療可能な病気と思わずに過ごしている方が多いのが現状です 。

  • inshape1

    注1 閉経関連外陰尿路症候群の諸症状

  • inshape2

    主な治療方法

  • inshape3

    イン・シェイプとは

  • inshape4

    照射イメージ

  • inshape5

    熱ダメージによって膣壁がコラーゲン生成される

  • image

    IN-SHAPE

施術

必要な術前検査

「IN-SHAPE」という治療は、美容医学では、微小循環に効果があるとしてよく知られている顔の炭酸ガス療法の原理を膣粘膜に適用したものとなっています。
この装置は生殖器粘膜へ適用するための基本的要素を備えており、組織特性にも適合する特定タイプのレーザーエネルギーを放出するため、熱損傷および副作用を避けながら効果的に膣粘膜を刺激することができます LR(外陰膣レーザー再形成)は局所ホルモン補充療法の補完代替療法であり、安全で効果的に長期の作用をもたらすことが示されています。
image 診察をし、術前検査を行います。
※遠方からお越しで当院での術前検査を行えない方は、事前に他院で必要な検査をし、結果をお送りください。
また、ご希望の方には施術前後で膣圧測定も行っております。
※事前に、医師による診察で、ビビーブ゙、LVR、TFS、イン・シェイプのどの方法が、もっとも適切かを一人一人確認させていただき、それをもとにカウンセリングさせていただいています。 

この施術のメリット

・閉経後に起こりがちな膣萎縮症の諸症状に効果が期待できます。
 ・・・かゆみ、白帯下(おりもの)
   膣の潤滑低下
   性交疼痛、性機能の改善、性交時の膣出血
   多尿、頻尿   
・短時間で施術可能。

術後

術後、当日は施術部位がヒリヒリすることがあります。また、数日間は微量の出血があることがあります。

ダウンタイム

シャワーは施術当日から、入浴は翌日から可能です。

タンポンの使用、性行為禁止(術後10日間)

経過の受診

2回施術で1セットとなっておりますので、1回目の施術から1ヶ月後にもう一度受診して頂き2回目の施術を行います。
その後の経過観察のための受診はご症状・術後の状態によって、医師から指示が出ます。

エッジワンをわかりやすくご説明

当日の施術時間

30分程度