自由診療

ビビーブ(高周波治療器)

ビビーブ ---メスを使わない膣縮小術---

image ビビーフは、主に美容外科で用いられる顔面の皮膚のたるみを治療する機器であるサーマクール(米国ソルタ社)と全く同様の高周波(RF)技術を用い、膣組織に応用します。サーマクールの技術は、2000年に米国FDA(食品医薬品局)の認可を受け、すでに顔面皮膚のたるみの治療に対して、50万人以上の方々に使用されています。日本でも100台以上が輸入され、実際の治療が行われています。サーマクールでの経験では、安全で低侵襲にもかかわらず、いずれのタイプの皮膚においても、皮膚をひきしめ、より健全なコラーゲンを復元させることがわかっています。ビビーフも、高周波(RF)エネルギーを使用して熱を発生させ、膣組織の表面を冷却で保護しながら、組織の表面直下にRFエネルギーを誘導し、粘膜下のコラーゲンを増成し、たるみ(弛緩)を改善します。
施術は1回のみで、メスを使用せず、麻酔注射、表面麻酔やレーザーも必要ありません。LUNAで行なった臨床研究では、膣が出産前と同じ程度にしまり、性的満足度も、統計的に有意に改善されました。
 
出血を伴う外科手術とは違い、高周波(RF)エネルギーを用いて、膣入口の弛緩を減少させるという、まったく新しい技術です。ビビーブは、膣粘膜下にある組織にソフトな反応を誘発し、コラーゲンの蓄積を刺激します。膣入口に傷跡を残すことなく、張力に抵抗力のある(つまり引き締める)コラーゲンの密度を高めるという組織再生を行います。アメリカと日本(LUNA)での臨床研究では、ビビーフは、麻酔なく施行できて、副作用は全くないためクリニックで行えることが証明されています。治療受けたその日に仕事に戻ることができ、性交も治療後2週間後から再開が可能です。

どんな人に向いているか

出産等で膣が伸びきってしまい、陰部にぽっかり穴が開いてしまったと感じる方。
性交中のオーバズムや性的満足が少ない。
骨盤底筋の体操・磁気等を用いた筋肉トレーニングでは効果が出なかった方。
*婦人科の病気がないか検査を実施して、異常がない方が適応です。

※ 事前に、医師による診察で、ビビーブ、インシェイプ、LVR®、DLV®、TFSのどの方法が、もっとも適切かを一人一人確認させていただき、それをもとにカウンセリングさせていただいています。 

image

施術内容

施術は1回のみでメス・麻酔を使用せず、膣粘膜下にある組織にソフトな反応を誘発し、コラーゲンの蓄積を刺激します。膣入口に傷跡を残すことなく、張力に抵抗力のある(つまり引き締める)コラーゲンの密度を高めるという組織再生を行います。

特徴・効果

膣のゆるみをとり、若返らせる。
性的満足を向上させる。
膣の弾力をアップする。

施術方法

メス、麻酔は使用せず、
親指サイズの治療用チップを膣の入り口から挿入。主に腟から2-5cmの部分を、
円を描くようになぞり、皮膚下層にあるコラーゲン組織に、高周波と断熱パルスを交互に送り込み膣の表面を温めた後冷却します。よって、温かさと冷たさを感じる事があります。
処女膜輪から子宮口から5cmまでの広い範囲を引き締めることができます。
施術時間:30分程度

ダウンタイム

当日はシャワーのみ、翌日は自宅の入浴可能です。
術後10日間は性行為やタンポンの使用は避けてください。
当日は、施術部位の違和感を生じる場合もあります。