コラム

51歳女子。萌えるのは関西系中年女形

image   

何年かぶりでブログに再参入。今回は、LUNAのブログに載せる形で、LUNAマーケティング部サポートしてくれることになっているので、心強い。さて昨年春に、患者さんから歌舞伎を勧められた。一度チケットを手配してもらい観劇、これではまってしまった。以後は自分で購入するようになり月に1~2回ペースで観まくっている。DVDも買いまくっている。1年近く贔屓の役者を誰にしようか迷っていたが、最近やっと決定。現在私が萌えているのは、中村扇雀と片岡孝太郎である。この2名偶然にも、関西系中年女形という共通の特徴をもっている。これに気がついた時、51歳女子の性的嗜好を垣間見る気がした。

 

 

中村扇雀:54歳、坂田藤十郎・扇千景の次男。立役(男役)もするが、おもに女形が多い。実は、私はまだ実物を観に行ったことがない。

中村勘三郎のDVDによく出ていて、それで好きにになった。下ぶくれの顔がかわいい。

片岡考太郎:47歳、片岡仁左衛門の長男、おもの女形、姫の役もいいが、中年女性の役も素敵。まだあまりDVDはでていない。よわよわしく見えるが中身は強情な女性が、男性にひかれたり、だまされたりするとことに共感する。

 

 2人とも、歌舞伎の時は、ちょっと盛りをすぎた(失礼)女性の風貌、関西系のハンナリしたイメージ。

洋服の時は、若い時はすごくハンサムで、モテモテだったが、現在は落ち着いてきた印象。

 

 さてこの2人の歌舞伎役者の萌える私の男性嗜好とは、1)自分の年齢のプラスマイナス5歳くらいの間の男性がいい。2)俗にいう男らしい人はいやだ。やさしい中性的な人を好む。3)中年になってもすこしは見た目がいい人がいい。

 

これって51歳女性の性的嗜好平均像ではないだろうか・・・・・

女性医療クリニックLUNAグループ 関口由紀理事長