美容液コラム

更年期障害の治療につかう成分が満載の美容液
 ー美容液開発への道③ー

image さて前回は、私が、エイジングケアの美容液を研究中のこと。この美容液の中身を語るためには、更年期の理解が必要なこと。更年期以後も、ある程度の女性ホルモンレベルを維持する努力が必要なこと。そのためには、仲間と楽しく暮らしたほうがいいことまで説明しました。本日は、コミュニティー内で楽しく過ごす方法と、ついに美容液の中身の話まで行きますよ。

コミュニティー内で楽しく過ごすために必要なことは、ずばり自分を好きなことです。自己肯定感が高いとも言います。自己肯定感の高い人は、コミュニティーの中でうまく行動をとることもできますが、孤高に生きることもできます。自由なんです。

ところでこの自己肯定感ですが、私は、卵巣機能が高いうちは、女性は充分に高くならないのではないかと疑っています。自己肯定感の高い自由な女性ばかりになったら、あえて損な、恋愛・妊娠・出産を引き受ける女性が少なくなって、人類が滅亡してしまうからです。

ちなみに私ですが、20代は、漠然とした不安感に常につきまとわれていましたが、30歳で妊娠・出産したらかなり不安感は低下、さらに閉経とともに、漠然とした不安感はみごとに解消し、現在人生で初めて心身ともに良好な状態です。この心身の良好な状態を、
維持するために必要なのがエイジングケアなんです。


 エイジングケアに必要なことは、
1)血管を守る。
2)骨を守る。
3)癌を早期に発見する。
4)うつ状態にならないように気をつける。
5)皮膚の老化を防ぐ
6)筋肉量を維持する。です。最小限の女性ホルモンレベルを維持することは、このうち3)を除く1)、2)、4)、5)、6)に関係しています。

 最小限の女性ホルモンレベルを維持するために、クリニックで行われている治療が更年期障害の治療で、5つに分けられます。

1) 女性ホルモン補充
2) プラセンタ療法
3) 漢方療法
4) サプリメント
5) アロマセラピー療法です。

研究中の美容液には、1)を除く2)、3)、4)、5)の4つの要素が含まれているんです。

女性医療クリニックLUNAグループ 関口由紀理事長 2017年6月更新