コラム

「女性のココロと体調」 女性医療クリニックでのアプローチ

image 女性クリニックでは、まずホルモン療法や、漢方、抗うつ剤などで、更年期や過剰なストレスで、バランスの悪くなった体のホメオスタシス(恒常性)を回復し、さらにカウンセリングなどで、潜在的なストレスの正体を、患者自身が認知し、体調の悪さを、ストレス暴露のサイレンと考え、そのストレスから距離をおくように、学習してもらい、最終的には、運動療法で、ストレスに強くなる主体となることをめざします。

女性医療クリニックLUNAグループ 関口由紀理事長