美容液コラム

更年期障害の治療につかう成分が満載の美容液
 ー美容液開発への道⑧ー

image LUNAの美容液の話題も、あと少しです。残っているのは、生薬の話です。

 ところでLUNAの美容液の名前を決定しました。LUNAPRIDE スキンプレミアムです。さらに近々に、LUNAショップも、LUNAPRIDE ショップとなって新装開店します。
よろしくお願いします。
  さて今回は、漢方系生薬の話で、LUNAPRIDE スキンプレミアムには、5種類の生薬がブレンドされています。

 この5種類には、意味があります。陰陽五行論にのっとって決めているのです。陰陽五行論は、この世の中のあらゆるものを五つの要素に分類して、お互いにどのように関連し、影響しあうのかを解明した理論です。一見、異なるものどうしの中にも、共通している類似性をもった現象や性質があるものですが、それらの代表的な性格を五つの系統に分けて整理し把握しようとしたものです。

異なるもの同士の共通する要素の代表は、木・火・土・金・水の五つの性質とされています。これがそれぞれの臓腑、肝(自律神経)・心・脾(消化器)・肺・腎に対応します。

シャクヤクエキスは、自律神経系に作用します。皮膚に対しては、角質水分増加、抗炎症、抗酸化等の作用があります。

ボタンピエキスは、心に対応します。皮膚に対しては、血流促進、活性酸素除去作用があります。

ハトムギエキスは、脾(消化器)に対応します。皮膚に対しては、保湿、消炎作用で肌荒れを防止します。

カンゾウエキスは、肺に対応します。抗アレルギー作用や、抗炎症作用があります。

最後は、ブクリョウエキスですが、これは腎に対応し、免疫賦活作用があるのです。これらの漢方薬系生薬は、すでに説明した、プラセンタやイソフラボン、超低分子ヒアルロン酸、3-O-エチルアスコルビン酸、アスタキサンチン等の高機能成分が効果的に働くように、美容液のベースとなります。


女性医療クリニックLUNAグループ 関口由紀理事長 2017年8月更新